夜の眠りにつくのが遅い長女。

長男と次男は布団で横になるとすぐに寝る。

次女は少し時間がかかるが抱っこやトントンをして寝れる。

いつも最後まで起きている長女。

 

長女長女

全然、眠たくないねん!寝れない!

長女よ 「わかったから、とりあえず目をつぶろうか!」

しばらく目を閉じてじっとするも寝ることはできない。

 

長女長女

ぬぁー!寝れない!あー!寝れない!どうしよ!なー、どうする?

長女よ 「知らんがな!うるさいから!みんなが寝ているそばで叫ぶな!聞くな!」

時間ばかりが過ぎていく・・・。

夜9時過ぎに電気を消して布団に入ってから1時間半が経過・・・。

鼻歌を歌ったり、一人でおしゃべりしたりで寝れるようすがない長女。

 

長女長女

ちょっと、ポポちゃんとソランちゃんを先に寝かすわ!

長女よ 「寝かさんでいいから!自分が寝てくれ!」

ポポちゃんとソランちゃんの人形を持ってきて布団に置く。

隣で横になり人形たちにトントンする長女。

 

長女長女

早くねんねしーや!もう遅いで!明日起きられへんで!

長女よ 「あんたや!自分に言い聞かしてるのか!」

 

長女長女

ポポちゃんとソランちゃんは寝るの早いな。もー寝たわ!横にしたらすぐ目を閉じたわ。

長女よ 「ポポちゃんとソランちゃんはそういう作りになってるねん!」

 

長女長女

ほら起きた!また寝た!また起きた!ほら寝た!

人形を寝かしたり起こしたりして遊びだす長女。

その後も布団でゴロゴロと寝れずに過ごす。

結局、気がつけば寝始めから2時間経過して夜11時になる。

 

長女長女

あー、しんど・・・。

長女よ 「こっちがしんどいわ!早く寝てくれ!」

最終的にはポポちゃんとソランちゃんを布団に寝かしたまま寝てしまう長女。

片づけないと邪魔やから・・・。

ポポちゃんとソランちゃん

スポンサーリンク