くら寿司で5皿食べるごとに景品が当たるゲームに挑戦できるビッくらポン。

くら寿司に行くと景品を当てたいがためにいつもより多く食べる子どもたち。

ビックらポンの景品でポッピンアイをゲットする。

 

次男次男

何これ?どうやって遊ぶん?

ポッピンアイの遊び方がわからない次男。

 

長男長男

ちょっと見せて!これ、スーパーボールみたいに跳ねるんちゃう?

次男次男

えー、そうなん!

お店で遊ばずに家に帰ってから遊ぶように伝える。

家に帰ると2つゲットしたポッピンアイの遊び方を考える子どもたち。

 

長女長女

ちょっと見せてー!わかった!こーやって投げるんちゃう?

長女よ 「ただ投げただけやないか!それはボールやろ!」

 

長男長男

スーパーボールみたいに一回やってみてや!

次男次男

いいで!こうやろ!あかんやん!丸くないから跳ねないわ!

長男長男

どうするんやろな!

3人で色々とアイデアを出し合い、ポッピンアイの遊び方を考える。

 

長男長男

わかった!絶対これや!ほら、押したら壁にくっつくねん!

次男次男

うわ、ほんまや!すげー!

長女長女

やってみたい!ほんまや!くっついた!

長男長男

これが正解やな!間違いない!

3人よ 「そんな遊び方もできるけど、ちょっと違うな!」

正解を教えてあげる。

 

長男長男

うそー!ひっくり返したら飛ぶん?すげーなー!

次男次男

やってみようや!こうして置いてみるわ!

長男長男

うわー、ほんまや!飛んだ!

感動する長男と次男。

昔からあるおもちゃで大人が小さいときからあったことを伝える。

 

長男長男

へー、そんな昔からあるおもちゃなんや!すごいなー!

長女長女

飛ぶし、くっつくしおもしろいな!

次男次男

ちょっと貸して!

次男が何やら新しい遊び方を思いつく。

 

次男次男

ほら見て!おでこにくっついた!

長男長男

ぎゃはは!すげー!手品みたい!

次男次男

ほっぺにも!

長女長女

ぎゃはは!おもしろー!

次男次男

おっぱいにも!

次男よ 「やめとけ!内出血するから!」

調子にのった次男は体の色々な場所にくっつけて遊びだす。

同じことを小さいときにしていたような・・・。

昔の子どもとやることはかわらないな・・・。

ポッピンアイ

スポンサーリンク