小学校が終わって学童に行かない時は長男と次男で留守番をする。

留守番をする朝に夕方にやっておかなければならないことを確認する。

 

次男次男

まずは帰ったら手を洗います!手を洗ったら、外に遊びに行きます!

次男よ 「いきなり遊びに行かない!」

 

長男長男

帰ったら手を洗います!ランドセルを片づけます。宿題をします。

長男よ 「さすがやな!あとは明日の準備な!」

何度も長男と次男に確認する。

 

長男長男

わかってるわかってる!ちゃんとやりますやん!

次男次男

ほんまにほんまに!全部完璧にしといたるから!

長男長男

そうそう!

長男・次男よ 「ほんまかい!頼むで!」

長男と次男を学校へ送り出す。

夕方になり長男と次男の片づけ準備が全て終わっていることを期待しながら帰宅する。

玄関に何やら次男の字で張り紙をしている。

張り紙を読んでみると、「げんかんわ、こちらで~す。」の文字が。

次男よ 「何やこの不思議な玄関の案内は!玄関くらいわかるし!」

張り紙を書いて貼るほどの余裕があるという事は全ての片づけができていると期待する。

玄関に入ると玄関先にいきなり次男のランドセルが置かれている。

次男よ 「ランドセル片づけてないやないか!」

家の中に入ると部屋の入口に長男のランドセルが置かれている。

長男よ 「同じくランドセル出しっぱなしかい!」

長男と次男に片づけるように注意をしても反応がない。

リビングへいくと寝っころがってテレビを見ている長男と次男の姿。

長男・次男よ 「何をしてんねん!何にもしてないやないか!」

 

長男長男

何にもしてないことはない!手は洗った!

長男よ 「言い訳をするな!」

 

次男次男

俺は手を洗って玄関の案内を書いた!

次男よ 「玄関の案内いらんから!全部やってから書いたと思ってたわ!」

 

次男次男

すごいやろ!上手に字が書けるようになったやろ?

次男よ 「そうやなって違うがな!帰ってきて一番にすることちゃうやろ!」

結局、ランドセルは出しっぱなし、宿題はしていない、洗濯物はだしていない状態。

長男・次男よ 「朝の確認は何やったんや!」

 

長男長男

だって、やろうとしたけど疲れたから横になってしまってん!

長男よ 「でた!必ず言う言葉、だって!」

 

次男次男

だって、どうしても玄関案内書きたかってん!

次男よ 「玄関案内はもうええねん!」

だらだらと文句を言いながら宿題をしランドセルを片づける長男と次男。

なんで男の子ってこんなんなんやろ・・・。

なんで小学生が一番、手がかかるんやろ・・・。

"留守番/

スポンサーリンク