クリスマスの日にサンタクロースが来たことを話す3人。

クリスマスの興奮がまだまだ冷めないままの子どもたち。

 

長男長男

サンタさんってほんまにおってんな!

次男次男

クリスマス楽しかったな!

長女長女

サンタさんはおじいさん!

サンタクロースにもらったプレゼントで遊ぶたびにサンタの話がでてくる。

 

長男長男

でもサンタさんってどうやって家入ったんやろ。

次男次男

たぶん鍵もってるんやで!

長男長男

ほんなら全部の家の鍵をもってんのか?どれがどれかわからんくなるやろ!

次男次男

だからベランダから入ってん。

長男長男

ベランダも鍵かかってんで!

次男次男

サンタさんは魔法で開けれんねん!

長男と次男はおもちゃ遊びを中断しサンタクロースが何者なのかについて真剣に話を始める。

 

長男長男

サンタさんはどこに住んでるんやろうな?

次男次男

あっ知ってる!フィンランドっていう外国やで!

長男長男

どうやってここまで来たん?

次男次男

そらー、車やろ!

次男よ 「トナカイちゃうんかい!」

長男よ 「サンタについて聞く人を間違ってる!」

 

長男長男

サンタさんはなんでおもちゃとかいっぱい持ってるん?

次男次男

それは来る前にイオンで買ってきてんねん!

長男長男

ほんならサンタさんめっちゃお金もってるやん。

次男次男

サンタさんは家にプレゼント置いた時にお金を持って帰ってんねん!

次男よ 「イオンて!ほんでサンタクロース泥棒なってる!」

 

サンタクロースに色々と疑問をいだく長男。

サンタクロースについて知ったかぶりまくる次男。

サンタクロースはただのおじいさんと思う姫。

 

それぞれサンタクロースに関する思いが言葉になって表れているので子ども同士の会話はおもしろい。

 

長男長男

サンタさんって外国人やから英語でしゃべるんやんな!

次男次男

そうやで!なんでも英語でしゃべるねん!

長男長男

なんで日本語の手紙読めるん?

次男次男

日本語も読めるサンタやねん。

話は外国・英語・日本語など難しい話の内容になってくる。

次男のサンタさん知ったかぶりに限界が近づく。

 

長男長男

夜遅くまで起きてサンタさんに会いたかったなー。

次男次男

俺はな、サンタさんに会ってん!

次男の爆弾発言に、長男と姫は驚く。

 

長男と長女長男と長女

えっ!サンタさんに会ったん?

次男次男

うん。

長女長女

サンタさんおじいさんやった?

次男次男

うん。

ついにはサンタさんに会ったと言い出した次男・・・。

 

次男次男

夜に目が覚めてドアを開けたら部屋にサンタさんがおってん。

長男長男

サンタさんとしゃべったん?

次男次男

うん。

長男長男

日本語で?

次男次男

違う、英語で。

知ったかぶり次男はいよいよ限界・・・。

 

長男長男

なんで皆を起こして会わせてくれなかったん?

次男次男

サンタさんにちゃんと聞いてん。みんなを起こしてもいいか?って。

長男長男

ほんなら?

次男次男

サンタさんはな、英語でな「ムリー!」って言うてん。

次男よ 「よくそこまで適当な話しができるな・・・。」

まだまだクリスマスの話は続きそうやね・・・。

スポンサーリンク