次女は抱っこを嫌がり歩きたい時期。

買い物先によっては抱っこひもを持ち歩かなくなっている。

歩きたいときは歩くけれど歩けなくなった時には抱っこになってしまう。

買い物先で歩けなくなったら困るのでキャラクターのショッピングカートがあるイオンへ行く。

普通のショッピングカートは乗りたがらないけど、キャラクター付きのカートなら喜んで乗ってくれる。

イオンに到着するとまずはショッピングカート置き場に向かう。

 

次女次女

あったー!あったー!

ショッピングカートを見つけるとテンションが上がり走り出す次女。

すぐにカートに乗るかと思いきや乗ろうとしない次女。

 

次女次女

いややー!

長女長女

どうしたん?なんで乗らないの?ねぇね乗るで?いいの?

長女よ 「あなたは乗らなくていいから!」

 

次男次男

トーマスのカートが嫌なんちゃう?

長女長女

ほんまや!でもこれしかないからな。

次女次女

アンパンマンいい。

長男長男

あー、アンパンマンのカートがいいねんて!

次女よ 「トーマスしかないから我慢してくれ!」

嫌がる次女はカートに乗らないでその場から動こうともしない。

 

長女長女

とりあえず、トーマスはキープしておこうか!

長女よ 「キープってよう知ってるな!ほんで、自分が乗りたいだけやろ!」

結局、動かない次女を抱っこして、長女がトーマスのカートに乗り、それを押す長男。

違うカート置き場を見てもキャラクターのショッピングカートはない。

次女は気持ちが切り替わり歩き始めるが、ショッピングカートに乗ってくれないと買い物どころではない。

あっちに歩き、こっちに歩き、叫びながら走り出す。

 

長男長男

おい!ちゃんと見とけよ!

次男次男

お前が見ろや!

長男長男

俺はカート押してんねん!

次男次男

お前はなんでカートに乗ってねん!降りろ!

長女長女

えー、いややー!

長女よ 「あなたのカートが一番邪魔やから!」

長女を説得しトーマスのカートを返しに行く。

 

次女次女

アンパンあった!アンパンマンあった!

トーマスのカートを返しに行くとアンパンマンのカートを発見。

次女はすぐにアンパンマンのカートに乗る。

やっと買い物ができると思いながら進みはじめる。

3分ほど進むと急に次女がカートから降りようとする。

 

次女次女

よいよい!よいよいする!

次女よ 「今までの時間は何やったんや!やっと出会えたアンパンマンのカートをもっと楽しんで!」

カートに乗らないで歩くと言いだす次女。

アンパンマンのカートを返しに行き、カートなしで買い物へ行く。

長男と次男と手をつなぎながら歩き始める次女。

しばらくすると、次女の動きが止まる。

 

次女次女

アンパンのる!

次女よ 「どないやねん!もう返したから!」

イオンに来てからカート置き場からカート置き場にしか移動していない・・・。

さすがに3人も嫌になってくる。

 

長男長男

もー、早く行こうや!

次男次男

疲れたわ!

長女長女

もー歩けない!

次女次女

よいよい!

3人3人

どないやねん!

全員、次女に振り回されっぱなし・・・。

結局、パンと牛乳しか買ってないし・・・。

"ショッピングカート/

スポンサーリンク