子どもが4人いると寝る前の歯磨きがとても大変。

我が家では自分達で磨いた後に大人が仕上げ歯磨きをする。

 

長男長男

よし歯磨きしよか!

次男次男

これ俺の歯ブラシやで!

長女長女

違うで!昨日これで歯磨きしたで!

次男次男

違うわ!これは俺のやつや!

次男と長女が自分の歯ブラシがどれかでケンカになる。

色で分けて間違えないようにはしているが、取り替えたタイミングによっては同じ色の歯ブラシになることもある。

マジックで名前を書いてもすぐに消えてしまい、誰のかわからなくなってしまう。

 

次男次男

この歯ブラシは絶対俺の!俺は歯ブラシを噛んでるから先がこんなんになってんねん!

次男よ 「歯ブラシを噛むなよ!説得力あるやないか!」

 

長女長女

つい最近、新しい歯ブラシに替えたで!

長女よ 「あなたの歯ブラシは間違いなくこれやわ!」

同じ色で同じ形の歯ブラシでも歯先が広がってるのときれいな歯ブラシなのですぐに区別がつく。

次男が歯先が広がっている歯ブラシで長女が歯先がきれいな歯ブラシ。

次からケンカにならないように名前シールを貼っておく。

自分で磨いた後は仕上げ磨きを大人にしてもらう。

 

長男長男

はい、俺が先!

次男と長女がケンカしている間に一人で黙々と歯磨きをしていた長男。

長男が一番に大人の膝元へ転がる。

 

次男次男

はい、次は俺!

次男が次に大人の膝元に来るが長女も同じタイミングになる。

 

長女長女

こっちの方が早かったで!

次男次男

俺の方が早かったわ!

長女長女

そんなんずるい!

次男・長女よ 「まずは自分で磨けよ!全然磨いてないやないか!」

次男と長女はケンカをしていたので自分できちんと磨けていない。

自分でしっかりと歯磨きをしてから仕上げをするように伝える。

次男と長女が自分で磨いている間に次女が大人の膝元に転がってくる。

 

次女次女

あー、あー!

多きな口を開けて歯磨きをしてのアピールをする。

下の歯が2本と上の歯が4本生えてきた次女もしっかりと歯磨きをする。

はい終わりと伝えて座らすとまたゴロンと横になる。

 

次女次女

あー、あー!

次女よ 「もう仕上げ歯磨きできたからいいよ!」

納得していないのか、もう一度、サッと仕上げをしてあげる。

 

次女次女

あー、あー!

次女よ 「もうええわ!何回すんねん!」

何度もゴロンと繰り返し、歯磨きをしてのアピールをする次女。

次男と長女の仕上げ歯磨きが終わった後も何度も歯磨きを要求する次女。

歯磨き好きて・・・。珍しいな・・・。

歯磨き

スポンサーリンク