子どもたちは夕食を食べた後、すぐにデザートを食べたがる。

ご飯を残しても必ずデザートくれと言う。

 

長男長男

今日なんかデザートある?

次男次男

アイスがいい。

長女長女

チューペット食べる!


長女よ 「ご飯全然食べてないから・・・。」

今日のデザートはスイカ。

子どもが大好きなスイカの季節になってきた。

スイカは準備と片付けがめんどくさい。

子どもに食べさせるとあごからボタボタ・・・。手からボタボタ・・・。

種があっちこっちに飛びまくる。

それでも子どもが喜んで食べるから、つい買ってしまう。

 

長男長男

やったースイカやって。

次男次男

大きいままがいい。

長女長女

スイカいらんねん・・・。

長女だけはどうしてもチューペットが食べたいらしく、文句を言う。

それでもお皿に入れてスイカを見ると。

 

長女長女

スイカ食べる!

長女よ 「女子って切り替え早いよね・・・。」

スイカを食べ始める子どもたちはとても静かになる。

 

年齢・食べ方が汚い順に準備するタオルのサイズも変わる。

・長男→口・手が少し汚れる → ハンドタオル

・次男→口・アゴ・手・肘までがまあまあ汚れる → フェイスタオル

・長女→口・アゴ・首・手・肘・服・ズボンまでが全部汚れる → バスタオル

 

年齢・食べ方によって皿に残っている種の数も変わる。

・長男→全て取り除く → 皿に種がいっぱい

・次男→たまに飲み込んでいる。 → 皿に種がまあまあ残る

・長女→全て飲み込む。 → 皿に種がない

 

長男長男

あー美味しかった。

次男次男

スイカの種、置いといてな。

長女長女

チューペット食べる!

次男よ 「種は、置いとかない・・・。何をするつもりや!」

長女よ 「やっぱりチューペットあきらめてないんかい!そして種、全部食べてるけど大丈夫か・・・。」

3人がスイカを食べたあとのテーブルと床はスイカの汁と種が散らかっている。

(もうスイカを買うのはやめよう。)と自分に言い聞かせて片付ける。

それでもスーパーでスイカを見かけるとついつい買ってしまう。

すでにスイカ依存症か・・・。

スイカ

スポンサーリンク