スイカを1玉で買ってくるとなぜかテンションのあがる子どもたち。

 

長女長女

うわー、でっか!スイカや!

長男長男

切ったやつじゃないやん!珍しいな!

次男次男

とりあえず写真を撮っとこか!

次男よ 「なんでとりあえず写真に撮るんや!そんなに珍しいか!」

 

次男次男

なんか珍しいものがあればとりあえず写真を撮るやろ!

次男よ 「確かにそうやけど。スイカは別に・・・。」

といいながらもみんなの前に置いて撮影する。

次女は1玉でスイカを見るのは初めてなので、次女の前にも置いて撮影する。

 

次女次女

あっ!あっ!

次女はスイカをポンポンと叩き、笑顔でスイカに座ろうとする。

次女よ 「イスじゃないから!やめてくれ!」

撮影会が終わると食べ方をどうするのか子どもたちで話をしはじまる。

 

長男長男

どうする?普通に切って食べる?

次男次男

半分に切ってもらって後はスプーンでほじくって食べようや!

長女長女

切らないでそのままストローでチュッチュしたい!

長女よ 「1玉から切らずにストローは難しすぎるやろ!」

とりあえず、半分に切ってみる。

 

次男次男

よし、スプーンで食べよ!

長男長男

えー、もう普通に切って一人ずつ食べようや!

長女長女

ここからストローにする。

3人の食べ方が決まらない間に次女は大きな声で早く食べさせてアピールをする。

 

次女次女

マンマ!マンマ!マンマーーーー!!!!!

次女よ 「わかったから、ちょっと待ってくれ!」

3人よ 「食べ方なんかどうでもいいから早く決めてくれ!」

我慢ができない次女の為に真ん中をスプーンで取って先に食べさせ始める。

 

次男次男

はい、穴があいた!これはスプーンでそのままいかないとあかんな!

長男長男

別に今からでも切ったらええやん!

長女長女

もう早く食べたい!

長男・次男よ 「もうどっちでもいいから!早くしてくれ!」

結局、長男と次男がじゃんけんをして次男が勝利。

スプーンでそのままほじくって食べることに。

3人の前に置かれたスイカ半分を自分のスプーンでどんどん食べる3人。

途中から長女は食べるのをやめてストローで汁をひたすら飲む。

種はどこへ行っているのかもわからない状態のまま、一瞬で半分のスイカは皮だけになる。

3人よ 「どんなスピードで食べるねん!」

 

長男長男

後の半分は切って食べような!

次男次男

いいよ、切ってもらおう!

長女長女

切ってきて!

次女次女

マンマ!マンマ!

4人よ 「今日はやめとこな!1玉を全部食べなくていいから!」

1日で1玉を食べる勢い・・・。

大人は1口も食べてないのに・・・。

スイカ

スポンサーリンク