おじいちゃん・おばあちゃんの家に行くのが大好きな子どもたち。

じぃじ・ばぁばの家へ行くと遊んだことのないようなおもちゃがたくさんある。

孫たちを喜ばせようと色々なおもちゃを用意して待っているじぃじ・ばぁば。

じぃじ・ばぁばの家に着くと、次から次とおもちゃを広げる。

 

長女長女

あー、これ前遊んでたやつと同じやん!

次男次男

こんなんもあるやん。

長男長男

なんやこれ?何するもんや?

次男次男

なんじゃこれー!

3人よ 「あれもこれも出しすぎやから!」

部屋中に散らかしたおもちゃを片っ端から踏みつけていく次女。

 

次女次女

あーちゃ、あーちゃ!

次女よ 「散らかってるのが悪いけど、足でわざと踏んでるよな!」

 

長女長女

これはどうやってするの?

次男次男

あっ、これってトントン相撲するやつちゃう?

長女長女

トントン相撲?

次男次男

そうそう。箱の上でトントンして戦うねん。やってみよ。

画用紙で作られた昆虫でトントン相撲をやろうとする次男。

 

次男次男

あー、なんか箱がいるな。土俵がないわ。

トントン相撲ができる土俵を探す次男。

 

次男次男

あっ、これでいいわ!この箱でやろう。

次男よ 「トミカランドの箱やけど!無理やりやな!」

 

 

次男次男

こうやってな、まずは戦うやつを真ん中に置くねん。ほんでこうやって箱を叩いて倒れた方が負けな。

長女長女

うん、わかった。

次男次男

よーいスタート!

長女と次男が箱をトントンするとすぐに倒れる。

 

次男次男

おかしいなー。こんなにすぐに倒れたら面白くないなー。もう一回。

何度も挑戦するも画用紙で作られた昆虫はすぐに倒れる。

次男よ 「考えたらわかるやろ!すぐに倒れることぐらい!バランスが悪すぎる!」

 

次男次男

もう、倒れたままにして、箱から落ちたら負けにしよ!いくでー!おー、いい感じ!

長女長女

負けないぞー!

次男次男

俺の方が勝つぞー!

長女と次男の箱を叩く力がどんどん大きくなる。

 

次男次男

おりゃー、なかなか落ちないな!

長女長女

もっともっと叩くでー!

次男次男

あー、手が痛くなってきた!

長女・次男よ 「ほとんど動いていないから!考えたらわかるやろ!昆虫が平らすぎる!」

何度やっても箱から落ちることはなく・・・。

 

次男次男

もー。一回も落ちへんな!これはトントン相撲するやつじゃないんやわ!

次男よ 「今頃、気づいたんかい!考えたらわかるやろに!」

それにしてもこの画用紙の昆虫は何に使うもんなんや・・・。

とんとん相撲

スポンサーリンク