保育園で話題になったのか、テレビで見たのか、頭のつむじに興味を示す次男。

 

次男次男

頭の真ん中だけ何で髪の毛がないんやろ。ちょっと見せて!

長男長男

そんなん見てどうすんねん!

次男次男

いいから、見せて!あっ!うずしおみたいになってる!

次男よ 「大鳴門橋を渡りすぎたのか!うずしおって!」

髪が渦巻き状になっている事に気付いた次男は不思議そうに長男の頭を観察する。

 

次男次男

頭見せて!

長女長女

そんなん見てどうすんのよ!

次男次男

いいから見せて!またうずしおみたいになってる!

次男よ 「今まで知らんかったんかい!」

長女の頭も観察する次男。

 

次男次男

俺の頭もそんなんになってんの?

人の頭を見た次男は自分の頭のつむじを確認しようと洗面台の鏡へ向かう。

鏡の前で色々なポーズをとってつむじを見ようとするも見ることができない。

 

次男次男

自分の頭の上の方が見えへんな!もうちょっとやけど。

なんとか見ようと鏡の前でくるくると回ったり体をねじったりするも見えない。

 

次男次男

あー、誰か手伝って!見えへん!

長男長男

手伝ったるわ!

長男が手伝いにきて次男の頭を持ち、鏡に押し付けようとする。

 

長男長男

よしどう?これで見えるやろ?

次男次男

痛い痛い!鏡が近すぎて余計に何にも見えへんから!

長男よ 「考えろよ!鏡に頭を近づけて見れるわけないやろ!」

 

次男次男

おかしいな。どうやったら見えるんやろ?

長男長男

自分の頭の上なんか見んでいいやんか!

次男次男

あかん、どうしても見たいねん!

長男と次男が鏡の前で試行錯誤しているのを見ていた長女。

 

長女長女

あんたら、何してんねん!頭ばっかり見てどうすんねん!

長女よ 「よく言ってくれた!」

3歳女子に注意される5歳と7歳の男子。

いつまで待っても解決策がでそうにないので、大人の知恵をプレゼントする。

鏡をもう一つ持ってきて鏡同士を向かい合わして見せる。

 

次男次男

わー!見えた!すげー!俺の頭のイナズマが見えた!

次男よ 「興奮しすぎてうずしおがイナズマになってもうてるやないか!」

 

次男次男

俺のイナズマはこんなことになってるんや!知らんかった!

次男よ 「でしょうね!知っててそんな反応したら、ただのアホやから!」

自分のつむじが見えた次男は満足そうな表情で部屋に戻り遊びだす。

長男と次男が部屋で遊んでいる間に静かに洗面台に向かう長女。

鏡と鏡を合わせて自分の頭を確認する。

 

長女長女

ほんまや!

長女よ 「やりたかったんかい!見たかったんかい!」

長男と次男がいない時に確認する長女の姿に癒される・・・。

うずまき

スポンサーリンク