体力がついてきたのか夜の寝つきが悪くなっている次女。

布団に入ってから寝るまでに時間がかかる。

長男や次男が寝ていると上に乗ったり、顔をたたいて起こそうとする。

長女は次女が気になって寝れない。

次女が起きている事で3人が寝れないことが多い。

 

長男長男

俺たちでどうにか先に寝かそうや!

次男次男

そうやな!寝る前に絵本を読んだらいいんちゃう?

長女長女

ほんまやな!そうしよう!

次男次男

絵本の読み聞かせ作戦やな!

長男が次女に呼んでほしい絵本を聞いてみる。

 

長男長男

どんな本を読んでほしい?持っておいで!

次女次女

これ!

長男長男

これな!ゴロンして見ようか!

次女次女

うん!

次女を寝かせて読み聞かせの順番を決める3人。

 

長男長男

俺から読むわ!

次男次男

ほんな次は俺な!

長女長女

わかった最後でいいよ!

長男から本を読んであげる。

 

長男長男

ざぁー。ごー。とん。ちん。かん。

長男よ 「なんで、がちゃがちゃどんどんやねん!すぐ終わるやろ!」

擬音語ばかりの短い絵本を読む長男。

 

長男長男

だって、これを持って来てんから!

次男次男

もっと、長い話の本を読んであげないとあかんねん!俺が読んだるわ!

次男が読み聞かせをしてあげる。

 

次男次男

むかしむかし、あるところに、これなんて読むん?

長男長男

おじいさん!

次男次男

おじいさんと、これなんて読むん?

長男長男

おばあさん!

次男次男

おばあさんがおりました。

次男よ 「もーええわー!なんで日本昔話やねん!読み終わるのに朝までかかるわ!」

ひらがなの一部しか読めない次男がチョイスしたのは日本昔話。

時間がかかるし、次女が興味を示していないので長女に交代する。

 

長女長女

ほんならー、これを読んであげるわな!

長女が読み聞かせをしてあげる。

 

長女長女

ゆっくとすっくしあげに、はみがきもう一回。おとこのなまえはゆっく。おんなのこのなまえはすっく。ふたりはとってもなかよし。

長女よ 「字が読めないのにすごいな!覚えてるんや!」

長女は内容を覚えている絵本を選び、読み聞かせをしてあげる。

多少、違う内容になりながらも最後まで読みきる。

長女よ 「すごいやないか!次女が見てるわ!」

 

次女次女

もういっかい!

次女は真剣な表情で絵本を見て、もう一回読んでとアピールする。

 

長男長男

俺が読んだるわ!ゆっくとすっくしあげにはみがきもう一回。おとこのなまえはゆっく。おんなのこのなまえはすっく・・・。

長男が読み聞かせしている途中で寝息が聞こえてくる。

次男・長女よ 「寝てるやん!読み聞かせ作戦中止!」

長男が絵本を読んでいる間に長女と次男が先に眠ってしまう。

 

次女次女

もういっかい!

次女は長男にもう一回読んでとアピールする。

しかたなくもう一度読み始める長男。

その後、同じ本を5回ほど読む長男。

何度も読んでと繰り返す次女。

次女よ 「はよ寝てくれ!読んでる長男が寝かけてるから!」

結局、読み聞かせ作戦は失敗に終わり、3人が先に寝てしまう。

そして次女は寝ている3人の顔を叩きにいく・・・。

次の寝かしつけ作戦を考えないと・・・。

読み聞かせ

スポンサーリンク