子どもたちが楽しみにしていたお正月行事のもちつき大会が各地で中止になっています。

保育園・幼稚園・小学校などでノロウィルスなどによる感染性胃腸炎が大流行しているためです。

年に1回のイベントが中止になるのは残念ですが、警報レベルに達しているとの報道もされているほどなので仕方ありません。

ノロウィルス感染は初期に微熱が出ることが多く、下痢や嘔吐を引き出すのも特徴です。

免疫力の低下した高齢者や乳幼児の場合は特に症状が重くなったり長引くことがあるので注意が必要です。

感染した子どもの世話や看病をした人に2次感染することが多いので適切な対処を身につけておきましょう。

ノロウィルスの感染源は?

感染した人が調理をして汚染された食品やウィルスの蓄積した加熱不十分な食品から感染します。

感染した人の便や嘔吐物からの2次感染や家庭での飛沫感染など人から感染します。

潜伏期間は?

感染から発症まで24時間~48時間といわれています。

主な症状は?

吐き気・嘔吐・下痢・腹痛・微熱が主な症状です。

高齢者や乳幼児は嘔吐物を吸い込むことによる肺炎や窒息に注意が必要です。

健康な成人なら1~2日ほどの経過で後遺症も残ることはほとんどないようです。

消毒方法は?

ノロウィルス感染を広げないためには食器・寝具・環境などの消毒が必要になります。

嘔吐物・便が付着したものは他の物と分けて洗浄消毒します。

食器類は食後すぐに塩素系消毒に十分浸し消毒します。

洗濯は85℃以上で1分以上漬けて洗濯や塩素消毒液による消毒が有効です。

高温の乾燥機も殺菌効果があります。

嘔吐物などの処理方法は?

ノロウィルスは、乾燥すると空中に漂い、吸い込んでしまうと感染することがあります。

2次感染を予防するために嘔吐物やオムツなどの処理も速やかに行わなければなりません。

使い捨てマスク・手袋を使用しペーパータオルなどで拭き取り、塩素消毒後に水抜きをしましょう。

拭き取った嘔吐物や手袋などはビニール袋に密封して廃棄しましょう。

拭き取っている間はしぶきなどを吸い込まないようにし、終わったら丁寧に手・指・爪・手首を洗いましょう。

いざ子どもが嘔吐すると、とっさに近くにあるアルコールウェットティッシュなどで処理してしまいます。

ノロウィルスはアルコール消毒は効果がないので注意しましょう。

スポンサーリンク