もうすぐ節分なので我が家の今年の鬼グッズを紹介します。

毎年、節分の時期になると悩んでしまうのが鬼グッズです。

子どもに気付かれないまま鬼になりきるか、子どもが気づく程度の鬼にするか・・。

それぞれ家庭によって異なると思います。

我が家はどうにかバレずに鬼のままで驚かしたい家庭です。

毎年、様々な鬼グッズが発売されますが、リアルを求めた商品は非常に少ないです。

お面だけならリアルな物もありますが、全身を揃えるのは難しいです。

今年は早めに準備をするため、全身の鬼コスチュームを見つけ出し、早めに購入して節分の豆まきに備えています。

商品詳細

サイズ:387×290×20mm

セット内容:かつら、マスク、全身タイツ、腰巻き

素材:ポリエステル100%

洗濯表示:洗濯不可、塩素系漂白剤による漂白不可、アイロン不可、ドライクリーニング不可

総重量(g):545

対応サイズ:身長:~180cm、B:~102cm、W:~98cm、H:~102cm

リアルな鬼コスチュームなので子どもにバレずに驚かすことができます。

マスク部分はリアルな鬼の顔プリントで全身タイツやウィッグもセットになっているので、着るだけでリアルな鬼に変身できます。

同じシリーズで青鬼もあります。

まとめ

基本的に声を出すと子どもに気づかれてしまうので、できる限り声は出さないで雄叫び程度がベストです。

4歳頃からは、人間が変装していることに気づき始めるので、鬼の世界観で貫き通しましょう。

普段の会話でも鬼だけは怖いというイメージがあれば、節分で子どもを驚かすことに成功します。

鬼から電話のアプリを利用し、声を録音するとよりリアルな鬼になれます。

鬼が子どもの名前をいう事で、よりリアルな演出ができます。

あまり、やりすぎると、夜泣きをするので注意しましょう。

スポンサーリンク