保育園の散歩で神社に散歩に行った長女。

保育園のお友達と神社でお参りし、ドングリを拾って創作をしたことがとても楽しかったみたい。

週末になってもドングリ拾いとお参りに行きたいと言い出す。

 

長女長女

ねーねー、保育園お休みやからドングリ拾いに行こう。

特に予定がない休日だったが、ドングリ拾いはちょっと・・・。

 

次男次男

俺ドングリいっぱい落ちてるとこ知ってるで!

急に次男が会話に入ってくる。

 

長女長女

ドングリはニンジャにいっぱい落ちてるねん!

次男次男

忍者?違うわ、あそこの道をまっすぐ行って、曲がるやろ?ほんであそこの道をこっちに曲がるねん!

次男よ 「あそこだらけで全然わからんから!」

 

次男次男

えっと、保育園の前の道をまっすぐでコンビニを曲がってあそこをこっちであそこに行くねん!

長女長女

違うで!ニンジャにあるねんで!

次男よ 「おしいけど、後半あそこが多い!」

長女よ 「ニンジャにあるの意味がわからん!」

詳しく話を聞いていると次男も保育園の散歩でドングリを拾いに行った様子。

 

次男次男

石の道みたいなんがあるねん!

長女長女

うん、そうやで!

次男次男

木もいっぱいあるねん!

長女長女

そうそう!ニンジャな!

次男次男

忍者はおらんかった!

会話に色々な情報がでてくると次男と長女の情報が揃うようになってくる。

もしかして、それは「神社?」と確認する。

 

次男と長女次男と長女

そう!神社!

次男よ 「道で説明するまでに神社っていう目的地を言えよ!」

長女よ 「ニンジャ、ニンジャって神社のことかい!」

二人とも保育園の散歩で同じ神社に散歩に行ったことがあるみたい。

神社はドングリがいっぱいあるところと思っている次男と長女。

結局、同じ神社は保育園で行く場所なので、違う神社に行くことに。

到着すると、さっそくドングリを探す次男と長女。

 

長女長女

あれ?ドングリが全然ないな!

次男次男

ほんまや!神社はどこでもドングリがあるはずやのに!

長女長女

ないなー!。

二人はドングリ拾いを休憩し、お参りをすることに。

お賽銭を入れ、鐘をならして手を合わす。

 

次男と長女次男と長女

ドングリがいっぱいありますように!

その後もドングリを探すが一つも見つからず。

 

次男次男

ドングリがない神社もあるんやな!

次男よ 「よく考えたら、ここ神社やなく寺やし!」

神社ではなく寺であることを次男に伝える。

 

次男次男

あー、だからドングリないんやな!

次男よ 「関係ないやろ!」

神社へ散歩

スポンサーリンク