朝の時間はとても忙しい。

全員で朝ごはんを食べ、小学生の長男が一番に出発。

その後、長女と次男が保育園へ出発する。

出発前にはやることがたくさんある。

着替える、顔を洗う、歯磨きをする、トイレへ行く、体温を測る。

一人でできる次男はせっせと準備をする。

 

次男次男

もう、あとお熱を測るだけやで!

長女も自分でできることは自分でする。

 

長女長女

着替えは自分で!顔は自分で!歯磨きは自分で!体温も自分で!トイレは行かない!

長女よ 「トレイは行けよ!」

自分で!自分で!の長女を上手にサポートしながら準備をする。

それぞれ準備が終了すると保育園へ行くまでゆっくりと過ごす。

次男はテレビを見て、長女は部屋の片隅で静かに座っている。

そろそろ保育園へ行こうと出発の声掛けをすると次男だけが玄関にくる。

長女は何やら足を気にしている様子。

近づくと、長女の足に湿疹が出ている!

???んっ???

長女の足をよく見ると湿疹ではなく、スタンプを足に押しまくっている。

長女よ 「静かやと思ったら何をしてんねん!」

長女を問い詰める。

 

長女長女

何にもしてない!座ってただけ!

長女よ 「何にもしてない訳がないやろ!足にスタンプを押してる!」

さらに長女を問い詰める。

 

長女長女

知らん!なーんにもやってない!

保育園へ行かないといけないので、深く問い詰めている場合ではない。

もういいいから、早く足を洗うように言う。

 

長女長女

自分で!自分で洗う!

長女よ 「自分でさせてたら時間がかかる!洗わせてくれ!」

足を持ち、無理やり洗おうとする。

 

長女長女

自分でペッタンしたから自分で洗うの!

長女よ 「自分がやったって言うてもうてる!あれだけ違うって言うといて!」

手伝うと余計に時間がかかると思い、グッと我慢し、長女が自分で洗うのを待つ。

 

長女長女

よーし、洗えたー!保育園行こうー!

長女よ 「全然、スタンプとれてない・・・。目の悪い保育士さんはびっくりするで・・・。」

仕方がなくそのまま保育園へ。

子どもって静かな時、だいたい悪いことをしている・・・。

足にスタンプを塗る

スポンサーリンク