長男と次男に虫歯が見つかってから歯医者に行くことが多くなりました。

子どもと一緒に私も見てもらうと同じく虫歯を発見。

さすがに男3人も虫歯があるのは大問題。

歯や虫歯に関する知識を身につけようと3人で歯医者に通いながら、歯科衛生士さんや医師に様々な情報を教えてもらいました。

赤ちゃんには虫歯菌はいない

生まれたばかりの赤ちゃんは虫歯菌をもっていません。

1歳半~3歳ぐらいの間に大人から虫歯菌がうつっている可能性があります。

逆に3歳頃まで虫歯菌が感染しないようにすれば、他の善玉の常在菌が口の中に住みついて虫歯になりにくくなります。

3歳頃までは周りの大人も虫歯治療をしたり、歯磨きをしっかりして虫歯菌を減らしておくことが必要です。

大人が一度、口に入れたものを食べさせたり、使った箸やスプーンで食べさせないように注意しましょう。

 

長男と次男長男と次男

姫にうつらないようにしないとあかんな!

虫歯菌は砂糖と酸が大好き

口の中は何もしていないとアルカリ性です。

糖分を含んだ食べ物や飲み物を口に入れると口の中は3分後には酸性になります。

20分後には再石灰化でアルカリ性に戻ります。

テレビを見ながらダラダラとお菓子やご飯を食べていると口の中はずっと酸性のままになります。

子どもにおやつの時間を決めないで、ずっと食べると虫歯菌が増えます。

 

長男と次男長男と次男

なんかよくわからんけど早く食べなあかんな!

虫歯菌の大好物は砂糖

虫歯菌が好きな飲み物はコーラやサイダーの炭酸飲料とスポーツドリンク。

以外に知られていないのが乳酸飲料で飲むヨーグルトやヤクルトなどと100%ジュースです。

乳酸飲料は砂糖が多く含まれていてドロドロしているので口の中にしばらく残ります。

100%ジュースも砂糖が含まれているものがあるので気を付けましょう。

お菓子は飴やチョコレートやキャラメルなど歯にひっつきやすいものが大好きです。

アイスクリームとポテトチップスではポテトチップスの方が虫歯になりやすいです。

アイスクリームの方が砂糖で甘く虫歯になりやすそうですが、ポテトチップスは歯にひっつきやすいので虫歯になりやすいです。

歯にひっつくようなお菓子は注意しましょう。

 

長男と次男長男と次男

アクエリとか100%ジュースめっちゃ飲んでるやん!

虫歯になりにくいお菓子

野菜

甘くないので虫歯菌は嫌いです。

食物繊維が歯についた汚れを落としてくれます。

果物

お菓子に比べてほのかな甘さなのでよいです。

リンゴは食べた後に歯の間に残る量が少ないのでとても良いです。

イチゴは虫歯になりにくいキシリトールが多く含まれています。

チーズ

歯を丈夫なカルシウムが多く含まれています。

無糖ヨーグルト

カルシウムが多く含まれています。

シュークリーム

洋菓子の中では比較的砂糖が少ないお菓子です。

ゼリー

他のお菓子に比べて甘みが少なく、歯にくっつきにくい。

プリン

ゼリーと同様で甘みが少ない。

 

長男と次男長男と次男

味のないヨーグルトおいしくないしな・・・。

虫歯を予防するには

  • 歯磨きをしっかりする
  • 規則正しい生活
  • よく噛んで食べる
  • ダラダラ食べない
  • カルシウムを摂る
  • 甘いものを控える

 

長男と次男長男と次男

よく噛んでたら時間かかるやん!どうすんの!

乳歯のケアが重要

歯のケアは乳歯の時が一番重要です。

「どうせ抜けてしまうから大丈夫!」の考え方は間違っています。

虫歯菌が住みやすくなっている口の中は、新しい歯がはえても虫歯になりやすいです。

乳歯の初期の段階から虫歯菌が住みにくい口の中にすることが重要です。

目で見て虫歯がないから大丈夫でも乳歯は歯と歯の間に虫歯ができやすいですから見てもわかりません。

気づいた時には神経にまで虫歯がいくこともあるので定期的に歯医者で見てもらい虫歯予防をしましょう。

 

長男と次男長男と次男

頑張って歯医者に行こう!

スポンサーリンク