保育園で使用する水筒選びでどれを買っていいのか迷うことがあります。

園児が使用できる水筒には色々なタイプがあります。

ステンレス・直飲みタイプ・プラスチック・ストロータイプ・コップタイプなどがあります。

保育園によっては禁止されている水筒や水筒のタイプを指定されたりする場合もあります。

子どもが通う保育園で使用可能な水筒を選ぶ必要があります。

直飲みタイプが禁止されている保育園でおすすめなのがコップ付きの中栓を回すタイプになります。

軽量なプラスチックでコップ付き中栓タイプを指定する保育園は多いです。

プラスチックでコップつきの回すタイプは店舗やネット通販でもあまり販売されていません。

数少ないプラスチックでコップ付きの手回し水筒を探している人におすすめがスタンプルの水筒になります。

スタンプル(stample)のプラスチック水筒とは?

スタンプル水筒

プラスチック日用品の製造や企画販売をしている株式会社オーエスケーが製造している商品になります。

stampleブランドのオフィシャルストアを運営している株式会社アラジンが販売している水筒になります。

スタンプルはありそうでないデザインやアイテムを展開するベビー・キッズ用品のブランドになります。

カバン・靴下・長靴などおしゃれでかわいい商品が多くママたちに人気のブランドです。

そんなスタンプルオリジナルのプラスチックで軽量な水筒になります。

スタンプル(stample)の特徴は?

コップのみなので清潔

スタンプル水筒

保育園生活は朝から夕方まで長い一日になります。

直飲みタイプやストロータイプの水筒はペットボトルと同じで雑菌の繁殖が起こりやすくなります。

直接口につけて飲んだ後もそのまま放置状態になってしまいます。

スタンプルの水筒はコップタイプなのでコップに注いで飲みます。

直接口にしないので水筒内での雑菌繁殖を抑えることができます。

コップのみを簡単に洗うこともできるので衛生的でとても便利です。

小さく回しやすい栓

スタンプル水筒

保育園によっては手回しのスクリュー栓を使用している水筒を推奨している場合があります。

手回しの栓は自分でしっかりと押さえて回すことで手先が器用になります。

自分で開けて注いで飲むという難しい工程のある水筒を選ぶことで生活能力をあげることができます。

スタンプルの水筒は中栓が小さくてデコボコな形状になっています。

握りやすいデザインなので子どもの小さく弱い手でもしっかりと開け閉めをすることができます。

滑りにくく回しやすい栓なので自分で開け具合を調整することができます。

勢いよく開けてお茶がこぼれることが少ない仕様になっています。

本体の口が大きい

スタンプル水筒

スタンプルの水筒は本体の上蓋を外すことができます。

口が大きいのでお茶などの飲み物を入れやすくこぼしにくい形状になっています。

大きな口はお茶を足すときにとても便利です。

夏場は氷も簡単に入れることができます。

洗う時も大人の手がすっぽりと入るのでスポンジなどできれいに簡単に洗うことができます。

取り外し可能なストラップつき

スタンプル水筒

水筒を肩から掛けることができるストラップが付属しています。

ストラップが外せないタイプの水筒もありますが洗うのにとても邪魔になります。

スタンプルの水筒はストラップを取り外しすることができます。

簡単に取り外すことができるので洗うときにとても便利です。

カチっとするだけなのでスムーズに取り付け・取り外しができます。

長さも調節することができるので子どもの成長に合わせて使用することができます。

年少から年長まで長く使用することができます。

デザインがかわいい

スタンプル水筒

スタンプルの水筒は表側にはクジラ、裏側にはワニがデザインされています。

背景のカラーリングも表と裏で変化があります。

アニメやマンガのキャラクターが禁止されている保育園でも使用できるデザインになっています。

かわいい動物デザインなので男の子でも女の子でも使うことができます。

名前シール付き

スタンプル水筒

保育園の持ち物には名前を書かなければならない場合もあります。

毎日使ったら洗う水筒は油性ペンで名前を書いてもすぐに消えてしまって何度も書くことになります。

スタンプルの水筒には防水の名前シールが付属しています。

小さなサービスですがとても嬉しくて便利なネームシールです。

スタンプル(stample)のプラスチック水筒が選ばれる理由

安心安全の日本製

スタンプル水筒

スタンプルの水筒は日本製なので安心安全に使用することができます。

価格も高くなく丈夫で長持ちするのでコストパフォーマンスに優れています。

ポリプロピレンのプラスチック素材なのに保冷機能もついています。

保冷ができて軽量で日本製と子どもが安心して使用できる水筒になっています。

売ってないからこれにする

スタンプル水筒

プラスチックでコップと中栓つきの水筒は保育園から指定されやすい水筒になります。

食育などを取り入れている保育園ではお茶も自分で注いで飲むことを大切にしている場合があります。

教育的な観点からみても直飲みやストロータイプでなくコップと中栓つきの水筒が推奨されています。

ただ店舗などを探してもプラスチックでコップと中栓つきの水筒を見かけることはあまりありません。

子ども用品やベビー用品大手の赤ちゃん本舗や西松屋などでも販売されていません。

楽天市場やアマゾンなどのネット通販で検索しても見つけにくい商品になります。

検索してぴったりと思う商品はスタンプルの水筒になってしまいます。

どこにも売ってないからスタンプルの水筒という選択肢しかないことになります。

スタンプル(stample)プラスチック水筒の活用方法

スタンプルの水筒は色々なシーンで活躍することができます。

  • 保育園・幼稚園
  • 遠足
  • 旅行
  • お散歩
  • ピクニック
  • アウトドア・キャンプ
  • 公園遊び
  • お出かけ
  • 運動会

スタンプル(stample)プラスチック水筒の商品詳細

材質:本体・コップ・フタ・底フタ・中栓:ポリプロピレン、パッキン:シリコンゴム、吊り具:ポリアセタール

サイズ:94Φ×103×H171mm

容量:380ml

生産国:日本

耐熱温度:本体・コップ・フタ・底フタ・中栓:140℃~-30℃、パッキン:140℃~-30℃、吊り具:100℃~-30℃

まとめ

スタンプルの水筒は子どもが保育園や普段使いで使いやすい水筒です。

保育園によっては水筒は不要で持っていかない場合もあります。

普段の生活で必要がなくても運動会や遠足などの行事の時には必要な場合もあります。

直飲みやストロータイプはこぼす心配がありませんがコップ付きタイプは自分で注ぐのでこぼす場合があります。

それでも中栓つきのコップタイプが推奨されるのは水筒が水分補給のためだけでないからと考えられます。

開ける動作には考えながら手指の力加減が必要になり、注ぐ動作には距離感や空間認知能力が必要になります。

ただ飲むだけではなくこの動作を繰り返すことで生活能力を高めることができます。

2歳・3歳から中栓付きのコップ水筒を使う保育園もあります。

保育園水筒として人気で機能性抜群のスタンプル水筒はおすすめです。

スポンサーリンク