年中・年長の子どもが喜ぶ家庭用鉄棒の紹介です。

小学校になると必須の鉄棒は3歳頃から取り組むことができます。

3歳はぶら下がるだけですが4歳・5歳になると前まわりや逆上がりをするようになります。

保育園や学校だけではなく家で鉄棒を練習すると運動能力の発達にもつながります。

鉄棒は子どもが遊ぶ道具なので安心高品質な物を選びたいと考えるのが親心です。

中国製の安い鉄棒などもありますが、強度や安定感が悪かったりするものもあります。

こちらで紹介するのはSGマークに認定されている安心の鉄棒です。

商品詳細

日本製でSGマーク付きのキッズ用鉄棒になります。

子供の成長に合わせて長く使用できる仕組みになっています。

89.5cm・103cm・116.5cm・130cmの4段階に高さ調節ができます。

折り畳み式なので簡単に収納することができます。

使わない時はコンパクトサイズにすることができるので便利です。

「コンパクトになるといっても邪魔になる!」と思う人もいますが、鉄棒は物干しとして使用することもできます。

子どもが使わない時は、布団や洗濯物を干すための物干しざお代わりになるので非常に便利です。

部屋干し用の物干しとして使用するために購入する人もいるほど鉄棒は使い勝手がいいです。

ぶら下がり健康器が流行した時にも物干し用として便利という事が話題になっていました。

鉄棒も同じ形なので便利なのは間違いないようです。

この鉄棒は室内室外兼用になっていて製造・加工・梱包の全てが国内でおこなわれています。

日本製なので安心して使用することができます。

子どもの安全のために保護カバーとアジャスターも付属しています。

商品仕様

サイズ:幅98×奥行147×高さ89.5~130cm

素材:スチールパイプ・ABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン)樹脂・合成ゴム

本体重量:約8.5kg

耐荷重:約40kg

カラー:ブルー、レッド

生産国:日本

まとめ

鉄棒はできる子とできない子がはっきりと分かれてしまいます。

できない子どもは保育園・幼稚園・学校だけの練習ではうまくできないままで友達と差がついてしまいます。

周りの友達がどんどん上手になっていく中、できないままでいると鉄棒がどんどん苦手になってしまいます。

家に鉄棒があるとみんなより多く練習をすることができ、差が縮まるので自信がつきます。

自信がつくと、どんどん鉄棒が好きになり苦手を克服することもできます。

公園でも練習することはできるのですが、公園の鉄棒は高さが調節できないので子どもにあった高さで練習することができません。

鉄棒が苦手な子どもは苦手を克服するため、鉄棒が好きな子どもはより上達するため、親は洗濯をするために。

一石二鳥な家庭用キッズ鉄棒はおすすめです。

鉄棒

スポンサーリンク