小学校低学年が一人で留守番できるようになる商品の紹介です。

コミュニケーションロボットBOCCOという子どもの留守番を見守るロボットになります。

スマホを持たせるにはまだ早い小学校低学年の子どもがいる家庭に大人気の商品です。

子どもの留守番を見守るロボットBOCCOとは?

ボッコ

ロボットやハードウェアの開発・製造・販売をしているユカイ工学株式会社が発売している商品になります。

子どもの留守番を見守るロボットでスマートフォンのアプリと連動することができます。

アプリを使うことで外出先から家にいる家族とメッセージのやりとりをすることができます。

ロボットは録音ボタンと再生ボタンだけの簡単操作なので子どもや高齢者の方でも簡単に使うことができます。

ボッコ(BOCCO)の機能と特長

子どもの声がスマホに届く

ボッコ

ボッコはお家で留守番している子どもの声を録音して、スマートフォンの専用アプリにメッセージを届けてくれます。

子ども側がロボットの録音ボタンを押しながら音声を録音します。

録音された音声はスマートフォンの専用アプリに届きます。

スマートフォンの通知をONにしておけば子どもからのメッセージがタイムリーに音声で届きます。

「ただいま!」「おやつ食べたよ!」「宿題をして待ってる!」「公園にいってくる!」などのメッセージを送ることができます。

仕事先でも子どもとコミュニケーションをとることができます。

スマホから返事を送信できる

ボッコ

スマートフォンのアプリからボッコにメッセージを送信することができます。

家でボッコと一緒に留守番している子どもへ音声や文章で返事をすることができます。

音声はそのまま送信され、文章はボッコの声で読み上げてくれるようになっています。

音声として送信できない場所(仕事中や電車内など)からはメールやラインをするような感覚でメッセージを送ることができます。

子どもの帰りがスマホに通知される

ボッコ

ボッコには赤い積み木型の振動センサーが付属しています。

このセンサーを玄関のドアに貼り付けておくと、ドアが開いたタイミングをスマホに通知してくれます。

ドア開閉を知らせてくれるので学校から帰ったタイミングを知ることができます。

子どもより先に仕事に行く場合でも子どもが家を出たタイミングがわかります。

外出先や仕事先でも子どもの帰宅が確認できるとても便利な機能です。

振動センサーは両面テープを使って直接貼り付けたり、ストラップなどで取っ手に設置することもできます。

専用アプリで家族の声アルバムが作れる

ボッコ

専用アプリにはボッコを使用したメッセージのやりとりが保存されています。

毎日のちょっとしたやり取りやメッセージを声のアルバムとして残すことができます。

普段の何気ない会話を録音して保存している家庭はほとんどないと思います。

「夕食は何?」「早く帰ってきてね!」「待ってるからね!」などの日常の会話を残すことで子どもの成長がわかります。

家族の会話をアルバム感覚で残せるのは魅力的な機能です。

【まかせて!BOCCO】公式サイトはこちら

ボッコ(BOCCO)で留守番の不安を解消!

ボッコ

留守番に対する不安は大人も子どもあります。

  • 学校からまっすぐ帰ってきたのか。
  • 習い事にちゃんと行っているのか。
  • 帰ってきて宿題はしているのか。
  • 帰ってきてゲームばかりしていないか。
  • 帰ってきてテレビばかり見ていないか。
  • 帰ってきて手洗いうがいはしたのか。
  • おやつや夕食は食べているのか。
  • どこかへ遊びに行っていないか。
  • 家の電話は出ないようにしている

このように大人が子どもに対して不安になることがあります。

家にいれば注意できることも外出中では注意することもできません。

子どもも同じように一人で留守番することに不安になります。

  • 一人でお留守番できるかな。
  • お父さん・お母さんはいつ帰ってくるのかな。
  • おやつの場所がわからない。
  • 公園に遊びに行ってもいいかな。
  • 誰か来たらどうしよう。
  • 一人で留守番するのが怖い、寂しい。

このような子どもの不安もボッコがあれば解消することができます。

子どもはボッコを使ってお母さん・お父さんの声を直接聞けるので子どもは安心します。

大人は子どもが帰ってきたタイミングに合わせて「おかえり」などのメッセージを送ることができます。

「ちゃんと宿題をしといてね」などと注意することもできます。

お父さん・お母さんがそばにいるような感覚になるので子どもは安心して留守番をすることができます。

寂しくなったり不安になればお互いがそのまま声でメッセージを伝えることができます。

子どもの変化やいつもと変わった様子などへの気づきも早くなります。

事前に何かあったらボッコに話しかけるように伝えておくとお互いが安心して留守番することができます。

使い方も簡単なので小学校低学年でもすぐに使用することができます。

ボッコがあればスマホを持つにはまだ早い小学校低学年の子どもが一人で留守番できるようになれます。

特に入学したばかりの小学校1年生がいる家庭にはとてもおすすめです。

ボッコ(BOCCO)の商品詳細



【BOCCO本体】

サイズ:高さ19.5×幅9×奥行5.5cm

重さ:220g

電源:100-240V ACアダプター

Wi-Fi規格:IEEE 802.11 b/g

Bluetooth規格:Bluetooth Low Energy

【センサー】

サイズ:高さ3×幅3.4×奥行6.8cm

重さ:30g(電池含まず)

電源:単4電池2本

センサ:加速度センサ

電源寿命:一年程度(環境によって異なります)

Bluetooth規格:Bluetooth Low Energy

付属品:センサー、ACアダプター、単4電池×2、両面テープ、ストラップ

※BOCCOを使用するには「専用アプリ」と「Wi-Fiに接続できる環境」が必要です。

※iOS8.0以降、Android 4.4 および 5.0、5.1、6.0対応

まとめ

BOCCOは家族をつなぐコミュニケーションロボットです。

スマートフォンの操作ができない子どもや祖父母などと簡単にコミュニケーションをとることができます。

大人や子どもの留守番に対する不安を解消してくれるとても便利なロボットです。

2016年にはキッズデザイン賞を受賞したことのあるボッコはビジュアルもかわいいロボットです。

BOCCOは楽天市場でも販売されていて電動ロボットランキングで1位入賞した経歴もあります。

留守番見守りロボットとして安心・信頼があり、販売実績があるBOCCOはおすすめです。

スポンサーリンク