室内や屋外での自主トレーニングに最適なリバウンダーの紹介です。

リバウンダーの中でもコンパクトな1mサイズになります。

サッカーなどあらゆる球技の練習が1人でできる便利なトレーニングアイテムです。

リバウンダーとは?

リバウンダー

サッカーや野球などの球技で壁打ち・壁当ての練習ができるトレーニングアイテムになります。

止める・蹴る・投げる・キャッチする動作を繰り返し練習できる跳ね返りネットになります。

強く蹴ったり投げたりすると強いボールが返ってきますし、弱いボールだときちんと返ってこない作りになっています。

基礎練習を反復して繰り返すことができるのでスキルアップにつながります。

100cmのミニリバウンダーの特長は?

コンパクトサイズ

リバウンダー

リバウンドネットは2メートルや2.5メートルするような商品が多いです。

サイズが大きいリバウンドネットは屋外でしか使用できないサイズになります。

ミニリバウンダーは100cmのコンパクトサイズなので家の中でも使えるサイズです。

コンパクトなので蹴ったり投げたりしてあてる場所も小さくなります。

より高い技術が必要になるので上達が早くなります。

組み立て簡単

リバウンダー

ミニサイズのリバウンダーは組み立てがとても簡単です。

支柱も10本を組み合わせるだけになります。

工具はプラスドライバーがあればしっかりと止めることができますが手だけでも組み立てることは可能です。

取り外しもできるので外に持ち運んで使うこともできます。

家用として使用する場合は一度組み立てたら外さないでそのまま使い折りたたむことができます。

適度な反発力

リバウンダー

組み立てる前にネットを見ると破れてしまいそうな印象でしたが取り付けると意外と丈夫です。

ボールの沈みこみから反発力があるので跳ね返りがスムーズです。

強く投げればしっかりと返ってきます。

サイズが小さいので端のほうにあたると跳ね返りが弱くなります。

しっかりとしたコントロールが必要になるので練習になります。

角度調節ができる

リバウンダー

フレームは左右の支柱の取り付け位置を変えることで角度調節ができます。

角度を変えることで色々なテクニックを反復してチャレンジすることができます。

反応能力やボールコントロール技術がアップします。

室内・屋外でも使える

リバウンダー

持ち運びできるミニサイズなので屋外で気軽に使うことができます。

屋外で使用する場合は付属のペグで本体を支えると強いボールを当てても動かないようになります。

室内で使用する場合は後ろを壁などで支えることができるのでペグを使用しないで使うことができます。

組み立てたまま折りたたんで持ち運ぶこともできます。

ミニリバウンダーの効果は?

リバウンダー

リバウンダーを使用することで1人でサッカーのシュート練習、パス練習などができます。

アイデア次第で色々な練習メニューを自分で考えて作ることができます。

反復練習を楽しみながらできるので基礎のスキルアップにつながります。

的あての要素もあるので確実なボールコントロールが身につきます。

野球やドッチボールなどあらゆる球技の練習ができます。

ミニリバウンダーの活用方法

リバウンダー

  • サッカー
  • フットサル
  • キーパー練習
  • 野球
  • ソフトボール
  • テニス
  • バスケット
  • ドッチボール
  • バレーボール
  • ラクロスなど

リバウンダーは球技全般で使えるとても便利なアイテムです。

価格が高いからと家庭用のトランポリンを使ったり自作で作ったりする人もいますがミニリバウンダーは価格が安いので買いやすいです。

安くて安心・安全に練習できるのできちんとしたリバウンダーを使うことが大切です。

ミニリバウンダーの商品詳細

材質:ポリエチレン・スチール

本体サイズ:100cm×100cm

セット内容:フレーム、高強度リバウンドネット、ペグ、日本語取扱説明書

まとめ

リバウンダーは野球・テニス・サッカーなど、あらゆる球技の基本スキルを習得することができます。

今の時代は公園や家の近くで壁当てをする場所はあまりありません。

壁あて禁止という張り紙をしている公園もあります。

ボールコントロールは壁あてがシンプルで大切な基礎練習になります。

リバウンダーは壁あてを再現してくれるのでボールコントロール技術が身につく便利なアイテムです。

屋外なでは本格的なキック練習やシュート練習などをすることもできます。

チームやスクールで練習するだけではなく、自分で考えて工夫して練習ができます。

家の中でできるトレーニンググッズとしてとても便利なアイテムです。

スポンサーリンク