牛乳パックで作る簡単ぶんぶんごまの紹介です。

牛乳パックとタコ糸があれば簡単に作ることができるぶんぶんごまは子どもが大好きです。

手が痛いと言いながらも何度も何度も回して遊びます。

回し方のコツをつかむまで少し難しい子どももいますが、コツさえつかめばすぐにできるようになります。

ぶんぶんごま

牛乳パックぶんぶんごまの作り方

段ボール・木・厚紙などで作ることもできますが、牛乳パックを再利用する方法が一番簡単です。

牛乳パックの底の部分を使用することで中心の穴を測らないで開けることができます。

強度を強くしたい場合は2重・3重など調節することができるので便利です。

牛乳パックを再利用することでエコにもつながるのでおススメです。

準備する物

牛乳パック1個、ハサミ、セロハンテープ、マジック、タコ糸、キリ

ぶんぶんごま

作り方

①牛乳パックを1個、きれいに洗って乾かします。

②乾いた牛乳パックを切り開きます。

③牛乳パックの底の部分や側面の部分をハサミで切ります。

※厚さや強度は3枚重ねにしたり2枚にしたりで調節できます。

ぶんぶんごま

④重ねてセロテープで貼りつけます。

ぶんぶんごま

⑤中心部分に2か所、穴を開けます。

穴の場所が中心でないと回転しないので対角に線をひいたりしてきちんと中心に穴を開けましょう。

牛乳パックの底部分を利用している場合は中心がすぐにわかります。

穴あけ作業は危険なので子どもだけでしないで大人が手伝った方がよいでしょう。

ぶんぶんごま

⑥マジックなどで絵や模様などを描きます。

ぶんぶんごま

⑦穴にタコ糸を通していきます。

ぶんぶんごま

⑧先端のタコ糸同士を結び完成です。

ぶんぶんごま

牛乳パックの底部分を利用する場合は四角形のぶぶんごまになりますが、丸く切っても良いです。

ぶんぶんごま

丸くする場合はきれいな円形にならないと回転が悪くなるので大人が仕上げをしてあげましょう。

ぶんぶんごま

ぶんぶんごまの回し方のコツ

ぶんぶんごまができても回せないと遊ぶことができません。

作るのは簡単だけど回すのが難しいという子どもが割と多くいます。

コツをつかむまで繰り返し挑戦することが大切です。

回し方のコツとして4つのポイントがあります。

最初の回転を多くする

タコ糸の両端を指にひっかけて回す時に、何度か回転をさせねじれを作ります。

その時の回転数が少ないと反動が少なく回転につながりません。

大人はねじれ具合を確認しタイミングを合わせて引っ張ることができますが子どもができません。

最初の回転を多くすることで引っ張ったときにより反動が多くなるようにすることが大切です。

思いっきり引っ張る

ぶんぶんごまは引っ張る力が重要です。

子どもの力ならおもいっきり外に向かって引っ張るくらいしないと回転スピードが上がりません。

タコ糸が伸びきるところまで、しっかりと力を加えることが大切です。

糸がピンと張ったら少し力を抜きます。

少し力を抜いたら、また外へ引っ張ります。

回転スピードが上がれば軽い力で引っ張るだけでびゅんびゅんと音が鳴り回りだします。

最初の回転でおもいっきり力を入れ引っ張ることで、よく回るようになります。

タイミングを合わせる

引っ張っりとゆるめるタイミングが合えば、音を鳴らして回りだします。

回りだしたらゆるめて、回転が止まる前に、また引っ張ります。

これを何度も繰り返すことで、回すタイミング、ゆるめるタイミングがわかってきます。

一度音を鳴らして回すことができれば、コツをつかんできます。

コマを作り直す

何度やってもコマが上手に回らない場合は、コマに問題がある場合もあります。

穴の位置・形・ひもの長さなどがきちんとできていないから回らないかもしれません。

そんな場合は新しいコマをもう一度作りましょう。

新しいコマで、きれいに回るときは作り方が悪かったということになります。

何個か作成し、どれでも回せない場合は回し方に問題があるということになります。

コマを作り直すことでどこが悪いのかを気づくことができます。

作るときは穴を中心にする・形を左右対称にする・ヒモの長さは短すぎず長すぎない程度にすることが大切です。

長男・次男による解説

長男長男

牛乳パックに色を塗るのが楽しかった。

回ったらきれいな色になってのが嬉しかった。

タコ糸を穴に通すのが難しかった。

ボールペンで穴を開けようとしたけど固くて開けれなかった。

回すのが難しかったけど何回もやってできるようになった。

次男次男

丸いのを作ったけど、回らなかった。

四角いのを作ったら回るようになった。

音が鳴って回るのがなんか気持ちいい。

指がめっちゃ痛い。

まとめ

ぶんぶんごまは簡単にできて子どもが喜ぶおもちゃですがとても危険です。

周りに人がいないか確認してやるように子どもにしっかりと伝えましょう。

我が家では指を入れたり、顔に近づけると危険という事も伝え、ふざけないで遊ぶようにさせています。

子どもはついつい、好奇心からぶんぶんごまを何かにぶつけてみたり、触ってみたりしてしまいます。

どういう時にどういう風に危険なのか具体的に教えながら遊ぶようにしましょう。

ぶんぶんごまは簡単に作れる手作りおもちゃで楽しいのでおすすめです。

ぶんぶんごま

スポンサーリンク