我が家の次男は毎年3~4月にかけて花粉症に悩まされています。

初期症状で風邪と見分けることが難しく、子どもは上手に伝えることができないので、より判断が難しいです。

保育園へ行っている次男は年中、鼻をたらしています。

年中、鼻をたらしているから、花粉症の症状に気づきませんでした。

5歳くらいまではあまり花粉症にならないという情報を信じていたことも気づかなかった要因の一つでした。

次男の花粉症に気づいてからは、花粉症の知識を学び、2歳の長女も花粉症にならないか注意深く見るようにしています。

大人がきちんと子どもの花粉症と風邪の見分け方を知っておく事が大切です。

花粉症と風邪の違いと見分け方

原因

花粉症はスギ・ヒノキ・マツ・イネなど植物の花粉が原因になります。

風邪は様々なウイルスによる感染が原因になります。

その他にも花粉症になる原因としては遺伝やアレルギーなど様々な要因ででることもあります。

目のかゆみ

花粉症は目に花粉が付着するのでかゆみがでます。

風邪は目がしんどくなることはあってもかゆみまではあまり発症しません。

花粉が目に付着すると、体は異物を外にだそうと免疫機能が働きます。

アレルギー反応となり涙やかゆみを引き起こす原因となります。

子どもは目がかゆいと必ずこすります。

こすって目の周りがはれたり、赤くカサカサになる場合があります。

子どもが目をこするしぐさをしていれば要観察が必要です。

発熱

花粉症は高熱はでなく、でても微熱程度になります。

風邪は微熱・高熱がでます。

熱で花粉症を判断することは難しいです。

花粉症と風邪は併発することもあるので、様子を見なければなりません。

鼻水

花粉症はサラサラと水っぽい鼻水です。

風邪はサラサラから粘度のある鼻水に変化します。

大人の花粉症はサラサラとした鼻水である程度判断できますが、子どもはサラサラとは限りません。

子どもは花粉症でも黄色くネバっとした鼻水の時もあります。

鼻水で判断するより、鼻水の継続期間のほうで判断するほうがわかりやすいです。

風邪の場合は、1週間~2週間程度で一旦、落ち着いてきます。

花粉症の場合は1ケ月~2ヶ月程度、継続することが多いです。

鼻づまり

花粉症は鼻づまりがひどく、両方の穴が詰まることがあります。

風邪は両方の穴が詰まることは少ないです。

この鼻づまりは子どもの夜の眠りにも影響してきます。

口で上手に呼吸ができないので、眠りが浅くなり、何度も夜中に目を覚ますことがあります。

熟睡できないことにより、機嫌が悪くなったり、遊びに集中できなくなります。

くしゃみ

花粉症は連続して何度もくしゃみがでます。

風邪は2・3回程度でくしゃみがとまります。

くしゃみも花粉症と判断するのに分かりやすいです。

子どもはかわいそうなほど、何度もくしゃみをします。

のどの痛み

花粉症はのどが痛くなるよりもかゆくなるような感覚になります。

風邪はのどが痛くなり咳ができます。

子どもにのどが痛いかかゆいかはわかりません。

のどが痛いと言う場合は風邪の症状が多いと考えられます。

症状の継続期間

花粉症は花粉が多い期間継続して症状が現れます。

風邪は年中なりますが、長くても1週間程度で症状は治まります。

花粉の種類によって、症状が出る期間が異なります。

花粉症は花粉が飛んでいる限り、数か月以上継続して症状ができる場合もあります。

花粉症時期

花粉の種類とでる季節も把握しておき、症状と照らし合わせて判断しましょう。

スポンサーリンク

子どもからの花粉症サイン

花粉症の子どもからのサインを見逃さずに気づいてあげれるようにしましょう。

子どものサインで重要なポイントは6つあります。

このポイントをおさえておけば、花粉症かな?判断することができます。

  • 鼻水やくしゃみがでる
  • 鼻がつまって口で息をする
  • 目をこする
  • 毎年、同じ時期に同じような症状がでる
  • 眠りが浅く、夜中に起きる。
  • 機嫌が悪く、遊びに集中できない。

まとめ

花粉症と風邪の違いと見分け方を紹介しましたが、最終的な判断はお医者さんがしなければなりません。

子どもの異変に気づき、早期の対処ができるように見分け方を知っておくことは大切です。

花粉症かな?と思えば受診し、薬が必要な場合は処方してもらいましょう。

血液検査をするとどんなアレルギーがあるのかわかります。

子どもは嫌がる注射ですが、一度検査すれば花粉も何科なのかどのような原因があるのかがわかります。

勝手に判断し市販薬や目薬を使用せず、きちんと受診しましょう。

花粉症とわかれば、花粉症対策としてメガネやマスクで対応しやすくなります。

スポンサーリンク