洗えて、繰り返し使えるアディダスのフェイスカバー。

通気性に優れたソフトな素材で快適なつけ心地を実現している人気のマスクになります。

アディダスのフェイスカバーは大人が使用しているイメージですが、XS/Sサイズは子どもでも使用可能です。

アディダスフェイスカバーが小学生や幼児が使った時のサイズ感を調べてみました。

アディダスマスクの子ども向けサイズは?

アディダスマスク

アディダスフェイスカバーで小さいサイズはXS/Sサイズになります。

サイズはアゴから鼻までの高さが13.8cmになります。

幅は15.5cmで鼻周りの長さは22.2cmになります。

アゴ周りの長さが18.6cmで鼻筋からあごの先端までが14cm以下の人向けになっています。

大人の女性や子どもまで使用できる小さめのサイズになっています。

アディダスマスクの材質やつけ心地は?

アディダスマスク

アディアスフェイスカバーの材質はリサイクルポリエステル93%、ポリウレタン7%になります。

つけ心地はさらりとした肌触りで快適に装着することができます。

スポーツをしている子どもはアディダスのブランドだけでつけたいと感じてしまうほどオシャレなデザインになっています。

通気性が良いので子どもでも使いやすいマスクになります。

小学4年生(10歳)の着用イメージと感想

アディダスマスク

小学4年生の身長132cmで平均より小さめ、頭のサイズは普通の長男が装着したイメージになります。

アゴ下から鼻まではしっかりとカバーできています。

ゴムの部分が細く少し痛みを感じるようでしたが何度が使用し洗濯すると少し伸びて痛みは軽減されました。

アディダスマスク

ゴムの余裕はほとんどなくぴったりとフィットしている印象です。

XS/Sサイズは小学4年生でジャストフィットするようです。

長男長男

長くつけてたら耳のゴムが少し痛く感じてくる。

普通のマスクより呼吸がしやすい。

鼻の上部分に少し隙間ができている。

アディダスのロゴが入っているからめっちゃかっこいい。

小学2年生(8歳)の着用イメージと感想

アディダスマスク

小学2年生の身長126cmで平均通り、頭のサイズは小さめの次男が装着したイメージになります。

鼻からアゴの下までしっかりとカバーできているサイズ感になります。

花部分の隙間が広いので少し大きめに感じます。

アディダスマスク

ゴムには余裕があるので耳を痛がることもありません。

小学2年生には少し大きめですがずれることなく使用できる大きさです。

次男次男

顔にぴったりとするからいい感じ。

柔らかくて軽いからマスクをしても気にならない。

鼻に隙間があるのが少しに気なる。

耳をかけるゴムが少し痛いと思った。

年長(6歳)の着用イメージと感想

アディダスマスク

年長の身長116cmで平均より大きめ、頭のサイズも大きめの長女が装着したイメージになります。

鼻からアゴ下まですっぽりと入るほどのサイズ感になります。

耳を痛がる事もなく問題なくゆったりと装着できます。

アディダスマスク

ゴムにはかなり余裕はあり耳を痛がることもないようです。

少し大きめな印象ですが動いてもずり落ちることなくフィットしています。

年長の子どもでも使用することができます。

長女長女

ちょっと大きいけどずれないでフィットしてる。

耳にかけるゴムが細いからちょっと痛い。

黒色より水色が好きやから水色のほうが良かった。

汗かいても気にしなくていいからいい。

年少(3歳)の着用イメージと感想

アディダスマスク

年長の身長95cmで平均より少し大きめ、頭のサイズは普通の長女が装着したイメージになります。

サイズが大きくブカブカなサイズ感になります。

耳にかけることはできますが首のところまでずり落ちて鼻をカバーできていません。

アディダスマスク

ゴムの余裕がありすぎるので後ろで一度結ぶと固定はできます。

年少の子どもにはアディダスマスクは大きすぎるようです。

次女次女

ブカブカやわ。

黒いマスクいやや。

暑いからマスクしたくない。

まとめ

幼児から小学生が使ってみたサイズ感と感想でした。

アディダスのフェイスカバーは幼児でも身長が115cm程度以上なら問題なく装着できるサイズ感です。

鼻筋からあごの先端までの長さが14cm以上の場合はM/Lサイズがおすすめです。

アディダスのフェイスカバーXS/Sサイズは子どもでも使用できるマスクです。

通気性が良いので夏用のマスクとして使用することができます。

子どもがマスクを使用するとすぐに汚してしまうので洗濯ができて繰り返し使えるのもとても便利です。



関連記事:暑い?アディダスフェイスカバー(マスク)の特長と機能性!

関連記事:アディダスフェイスカバー(マスク)の使い方と裏技紹介!

スポンサーリンク