子どもが喜ぶ牛乳パック工作で帽子の作り方を紹介します。

ものさしで長さを測ったりしながら設計図を書くのが子どもには少し難しくなります。

牛乳パックをハサミで切ったり貼ったりするので4歳頃の子どもは大人と一緒に作成できます。

出来上がりのクオリティの高さに子どもも大人もびっくりする作品です。

牛乳パック帽子

牛乳パック帽子の作り方

準備する物

牛乳パック帽子

牛乳パック3つ・はさみ・セロハンテープ・ものさし・鉛筆かボールペン・ホッチキス・両面テープ

作り方

①牛乳パックの角部分をハサミで切り開きます。

牛乳パック帽子

②切った牛乳パックを広げて伸ばします。

牛乳パック帽子

③牛乳パックに写真のサイズを参考にして点を記入していきます。

牛乳パック帽子

④点と点を線で結び、写真のような設計図を書きます。

牛乳パック帽子

⑤ハサミで線に沿って牛乳パックを切ります。

牛乳パック帽子

⑥全てを切りとると写真のような形になります。

※牛乳パック2つ分を同じ工程で切り取るところまで完成させます。

牛乳パック帽子

⑦切った牛乳パックを連結させてセロハンテープでとめます。

牛乳パック帽子

⑧牛乳パックの両端をセロハンテープでとめて輪っかのようにします。

※白い部分が内側になるように貼りつけます。

牛乳パック帽子

⑨曲線になっている部分が上になるように隣と重ねてホッチキスでとめます。

※2つずつをホッチキスでとめて4組にします。

※2組ずつをホッチキスでとめて2組にします。

牛乳パック帽子

⑩4枚1組になっている部分を中心に寄せて組み込みます。

牛乳パック帽子

⑪きれいに組み込むことができればきれいな渦巻き状の円ができます。

牛乳パック帽子

⑫ホッチキスの上をセロハンテープでとめます。

※ホッチキスのままだと外れたり引っかかったりするので安全の為にセロハンテープします。

牛乳パック帽子

⑬裏返して中側もセロハンテープでとめます。

牛乳パック帽子

⑭帽子の本体が完成です。

牛乳パック帽子

⑮もう一つの牛乳パックを切り開いて帽子の本体を合わせます。

※鉛筆やボールペンで帽子の本体を牛乳パックに重ねてツバの部分を下書きしていきます。

牛乳パック帽子

⑯写真を参考にして設計図を作成します。

牛乳パック帽子

⑰設計図の線に合わせてハサミで切り取ります。

牛乳パック帽子

⑱のりしろ部分に両面テープを貼りつけます。

牛乳パック帽子

⑲本体にツバを貼りつけていきます。

※両面テープが弱い場合はセロハンテープで補強します。

牛乳パック帽子

⑲ツバを貼りつけたら完成です。

牛乳パック帽子

牛乳パック帽子を作るコツは正確な設計図を作ることです。

設計図は子どもが作るには難しいので大人がサポートしてあげましょう。

大人がかぶれるようなサイズにするためには後方部分に切り込みを入れ輪ゴムを通すとサイズ調節ができる帽子になります。

牛乳パック帽子のアレンジ方法

設計図を逆にすると白い帽子に

牛乳パックの設計図を外柄の方に記入すると内側の白い部分が表になるように作れます。

白い帽子を作ることができるので色を塗ったり絵を描いたりすることができます。

世界に一つだけのオリジナル帽子を作ることができます。

サッカーや野球の好きなチームカラーでデザインすると応援観戦帽子になります。

ミニオンの帽子が作れる

帽子のツバの部分を使わないで本体だけを使うとミニオンキャラクターの帽子を作ることができます。

ミニオン帽子の作り方は

①黄色い色画用紙や折り紙を本体に貼りつける。

②白と黒の画用紙でゴーグルと目玉を作る。

③ゴーグルと目玉を本体に貼りつける。

同じ方法で耳を作ったり、模様を作ったりすると、ハローキティ・ピカチュウ・マリオなどの帽子を作ることができます。

リアルな帽子が作れる

牛乳パック帽子の上から布を貼ったり・フェルトを貼りつけるとリアルなキャップができあがります。

余った布などをランダムに貼りつけるだけでおしゃれな帽子が出来上がります。

長男の感想

牛乳パック帽子

長男長男

ほんまに牛乳パックで帽子ができたからびっくりした。

サイズがちょうどやったから感動した。

白い部分が外のほうが絵とか描けるからよかった。

サッカーチームの色の帽子を作って応援にいきたい。

まとめ

牛乳パック帽子はとてもしっかりとした丈夫な帽子に仕上がります。

アイデア次第で色々な帽子に作りかえることができます。

動物やキャラクターなどの帽子にもできるので子どもが喜びます。

スポーツ観戦用の帽子としてはとてもおすすめです。

日本代表を応援する時には白い帽子にして赤色のペンで丸く色を塗れば日本国旗の帽子ができあがります。

汚れたら潰してゴミ箱に捨てることができるので便利です。

なくしても牛乳パックなので気軽に持っていくことができます。

家族みんなでお揃いの牛乳パック帽子を作って楽しむことができます。

スポンサーリンク